つんつる喫茶
ツンツンでもツンデレでもないツンツルです。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
6月27日 [土] 15:55
日本人の取扱説明書3
日本人は自信がなく外からの賞賛を受けるのが大好きです。自信がもてないので外部から価値を認めてもらわないと生きていけません。それなのに自分たちは特別だという意識があり、他民族のことを見下していたりします(まあ中には平均的に見て本当にアブナイ民族もいますが)。日本人は海によって周りから隔てられていて、鎖国もしたりして、長らく閉ざされた環境にいたのでたしかに「特殊」で、他の民族にとってはなかなか理解する取っ掛かりの少ない民族ではありますが、「特別」かどうかは別の話です。それに自分たちを特別視している民族なんて腐るほどいます。

最近目立つのが、他国民から見た日本・日本人を取り上げて自画自賛する風潮です。やみくもに「日本(人)は素晴らしい!」とナルシシズム全開ですが、日本(人)のどのような側面が具体的に誰にとって素晴らしいのかにはなぜか触れず、また日本(人)に対する耳の痛い意見は華麗にスルーして、自画自賛する本人たちに都合のいい部分だけをつまみ食いしています。自信のない人が都合の悪い意見を受け入れたらもっと自信がなくなるのでそういう意見は聞かなかったことにしたいのも分かりますが、こんなゆがんだ性格のキモい人たちが「私たちが日本人の代表です」みたいな顔をしていれば日本にとって良くありません。

ちなみに、自信がなく外部からの評判が気になる人たちというのは後進的な国や地域に多いです。そういう場所では行く先々で「自分たちの国・地域は好きか」などと聞かれ、お世辞を言わされます。民族によってはコンプレックスに対抗しようとするあまり「オレたちを見てくれ!すごいだろう!びろ〜ん」みたいにゴリ押ししてしまう人たちもいますが、される人からすればどちらもウザいです。
モバイル版GoogleSitemap管理ページ
QLOOK BLOG