つんつる喫茶
ツンツンでもツンデレでもないツンツルです。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
4月1日 [水] 17:40
日本は住みやすくなるか
渋谷区の同性パートナー条例が可決されました。この条例にはまだまだ不十分な部分もあるとのことですが、これを機に日本がより住みよい国になればいいと思います。日本はこれといった特徴のない平均的な人にとっては住みやすい国ですが、そうでない人は大変な苦労をしながら住んでいます。全ての人にとって住みやすい国ではありません。

ちなみに、賃貸住宅などで男性同士・女性同士の入居を断る大家さんが多いようですが、これは日本国憲法第14条(「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」)に違反しています。性別や国籍を問わず受け入れ、入居者がルール違反や迷惑行為を繰り返したりしたときに立ち退き処分にすれば済む話ではないでしょうか?「他の入居者が嫌がるから」と言う大家さんもいますが、そんな入居者こそ人を差別して迷惑をかけているわけで、そういう人の入居こそ断るべきです。

ちなみに、大家さんは良くても管理会社などが同性愛の入居者を嫌がるケースもあるそうです。それに「ゲイフレンドリー」を謳う不動産屋でも、結局はどうにかごまかしつつ同性同士で潜り込めそうな物件を紹介しているだけらしく、今のところ何の解決にもなっていないようです。

また、職場などでも特定の層の人たちに対してさらっと自然に差別的な暴言を吐いておいて、それが差別であることすら認識していない人がいますが、これも態度を改めるべきです。自分に直接関係なければ蔑んでいいんでしょうか?その人たちのことをよく知らなければ好き勝手なことを言っていいんでしょうか?自分が職場で差別されたらどうでしょうか?
モバイル版GoogleSitemap管理ページ
QLOOK BLOG