つんつる喫茶
ツンツンでもツンデレでもないツンツルです。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
6月13日 [金] 19:02
インド人の取扱説明書8
引っ越しました。新サイトはこちら

今回は「日本企業は本当にインドに進出する必要があるか」ということと「インド人との関わり方」について書いてみようと思います。過去記事とかぶっている内容もあります。

どうしてインドに進出するのか
インドに進出しようとしている日本企業は結構ありますが、下手をすると日本国内で業務を完結するよりも高くつきます。したがって、インドに進出する場合、

・インド人にやらせようとしていることはインド人でなければ不可能か?
・必要なものはインドでしか手に入らないものか?
・日本側とのコミュニケーションは「本当に」ちゃんと取れるか?
・日本とインドの違いを考慮した業務ができるか?
・インドに駐在員を置く場合、日本とは大きく違う条件に駐在員は耐えられるか?
・予測不可能な事態に臨機応変に対応するだけのスペックが自社にあるか?

というような諸々の事項をまず考慮する必要があります。また、インド進出する日本企業には経営・戦略が脆弱な企業が多いのか、インドに進出した企業ではインド駐在の社員が日本側の無知なお花畑上司とインドの現地人員の両方に振り回され怒り狂うといった事例が後を絶ちません。つんつるの上司もひどかった・・・。インドの現場や事情を知らない日本側からの無理な要求に、インド駐在員の間では「OKY」(「お前・来て・やってみろ」の頭文字)が合い言葉のようになっています。日本側は駐在日本人としか直接関わらないことも多いため、インド人の研修だけでなく、日本側の人員自身が研修を受け、インドでは日本なら有り得ないトラブルが次々に襲来することを知っておくべきです。また駐在員とは密に連絡を取り状況を報告し合い、インド側で何が可能で何が難しいかを把握しておく必要があるでしょう。
モバイル版GoogleSitemap管理ページ
QLOOK BLOG