つんつる喫茶
ツンツンでもツンデレでもないツンツルです。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
日本は世界に先駆けたケータイ産業を誇ってきましたが、iPhone登場以降は停滞していますね。そもそも、日本はガラケー端末は充実していても、ケータイキャリアの数が少なく、モノポリー状態なのが現状です。しかもSIMカード(バッテリーのところの蓋を開けると入っている接続のための小型カード)とケータイ端末の抱き合わせ販売が主流で、日本では例えば「電話番号(SIMカード)はauでケータイ本体はiPhone」というようなことは通常不可能です。他の国ではSIMカードとケータイ本体を別々に買うということも普通ですが、日本では(ド)素人にはSIMカードというものの存在すら知らされておらず、ケータイキャリアによる顧客の囲い込み状態が続いています。なのでケータイ産業自体が発達しているというほどでもありません。そこにiPhoneをはじめとするスマホが登場し、時代の波に乗れず取り残されているのが現在の日本のケータイ産業です。「ガラパゴスケータイ」とは言いますが、産業そのものがガラパゴス化しています。

世界的にはAppleをはじめ、NokiaやSAMSUNG、BlackBerry、Motorola、Microsoft、HTCといった企業が続々とスマホを発表していますが、日本ではスマホ端末のラインナップがいまいちぱっとせず、外国企業のもので賄っているようです。ガラケー時代には日本は新規性のあるものをいろいろ作ってきましたが、いよいよさみしくなってきました。上に書いたような、自由な競争のない市場であぐらをかいた結果なのかもしれません。
モバイル版GoogleSitemap管理ページ
QLOOK BLOG