つんつる喫茶
ツンツンでもツンデレでもないツンツルです。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
引っ越しました。新サイトはこちら

日本ではメディアや無知な人がインドやインド人についてあることないこと触れ回っていますが、今回は日本人がよく勘違いしていることについて実際のところを書いてみようと思います。過去記事とかぶっている内容もあります。

・インド人は毎日カレーを食べているか?
インドのことを知らない日本人が一般に想像するようなものは食べません。そもそも日本ではカレーライスが日本料理だということが知られていません。元々はインド料理から着想を得たものかもしれませんが、そもそもインドから直接入ってきたものじゃないですし、インド料理の原型は留めていません。日本のインド料理屋では日本人に合わせて「○○のカレー」と書いてありますが。インドでは地域ごとにいろいろな料理が食べられていて、インド風のなんちゃって中華料理やピザなどもあります。香辛料を入れないと味が分からない人や食べ物の制限のある人も多く、外国料理は限られたものしか流行っていません(外国人向け高級店は除く)。

・インド人はナンをよく食べるのか?
そうでもありません。そもそもナンは北部のパンで、南部の食べ物ではありません。北部でも普通はレストランやケータリングでしか食べないもので、その理由は発酵など準備に時間がかかり、また一般家庭には焼くための窯(タンドール)がなく焼けないからです。日本のインド料理店の大きくふわふわしたナンは日本独特のものだと思います。インドのナンはもっと薄く弾力があり、最初から2つか3つくらいに切り分けて出されます(大きいのをそのまま出されてもインド式のマナーで食べるには困ります)。それにあんなにフワフワしていません。そして普段はどんな主食を食べているのかというと、北部では小麦を使った無発酵の丸い平パン(ロティ、チャパティ、パランタなど)に時々米という具合です。南部では米や小麦を原料としたものが多く、平パン(パロタなど)や薄いパンケーキ状の主食(ウタパム、アッパム、ドサイ)、米で作った麺のようなもの、それに米でできた蒸しケーキ状のイドリ、日本のがんもどきのような食感のワダなどもあります(特に南部は主食のバラエティが豊富です)。少数民族の料理やローカル料理などもありますがここでは省きます。

・インド人はボリウッド映画のように踊っているのか?
そういう人も全くいないことはありませんがあまり見かけません。いつもムスッとしている人やほぼ放心状態の人も多いです。ただ、インド人でもパンジャビという民族には嬉しくなり興奮すると踊り出す人「も」います。ちなみにボリウッド映画ではパンジャビは「興奮しやすくアホでノリのいい人たち」というステレオタイプが描かれていることがあります。しかし、パンジャビでなくとも、ミドルクラス以上の結婚式などでは大勢の人が招待され、一通りプログラムが終わると後はDJが音楽をかけてガンガン踊りまくるということもよくあります。基本的にダンスは好きなようです。
モバイル版GoogleSitemap管理ページ
QLOOK BLOG