つんつる喫茶
ツンツンでもツンデレでもないツンツルです。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
11月30日 [土] 23:41
インド人の取扱説明書4
今回はインド人の思考・行動(仕事)のパターンを分析してみます。インド人と言っても様々ですが、モンゴロイド系インド人などを除いてこれは共通と思われます。普通のインド人は友人としてはとてもいい人もいますが、一般的に言って一緒に仕事をすることはお勧めできません(飽くまでも「一般的に言って」ですが)。インドの安い人件費に目がくらんでインド進出する日本企業も多いですが、「タダほど高いものはない」、「安物買いの銭失い」などと云うように、インド人の雇用には大きなリスク・落とし穴があり、実際、日本で受け入れられる水準を維持することに手間暇がかかりかなり高くつくと思います。また、インド人同士でもビジネスや手続きなどのトラブルは多く、インド人が「単純なことをするだけなのにとても苦労した」と愚痴をこぼしている場面にもよく遭遇します。

社会背景
まず、一般的なインド人にとって、家族・プライベートが最優先事項です。従って、仕事や交際などもこれに左右されます。歴史的にインド亜大陸に住む一般人にとって、社会とは信用ならない人々や危害を加える人々で溢れる危険な場所であり、また彼ら自身も基本的に自分と身内さえ良ければそれで良いと思っています。何かと家族同士・親しい人同士でかたまって行動する傾向があります。

普通のインド人の考え方
インドの一般人は主観的で、また家族・プライベートに重点を置くことが基本設定になっていて、公私やon-offの区別がはっきりつきません。自分のことと対外的なことの区別が上手くできません。仕事上の判断に自分目線・プライベート目線が大きく混入するため気分や好き嫌いに仕事が左右されます。上に書いたように、仕事は最優先事項ではないので必然的に「暇つぶし」的活動になり、仕事を与えられても「しょうがないなあ」とか「やってあげている」とか「気が乗らないからまた明日」「また今度」という感じで処理することになります。しかし見栄っ張りで責任を問われることを非常に恐れているため、いろいろな言い訳をして体裁を繕おうとします。また自分の人生が自分の意志でなく社会や両親によって決定されるため、仕方なく現職に就いていて向上心のない人や、思考の訓練をしておらずただ生きているだけの人もいます(またそういう親が子供をそういう風に育てます)。自分や他人に嘘を突き通して生きてきたため、息をするように嘘をつき、対社会的なことに関しては本能のまま・欲望のままだったりします。
モバイル版GoogleSitemap管理ページ
QLOOK BLOG